【ジャンル別】笑ったり泣いたり 日本の青春映画おすすめ11選

映画

初めまして磯吉です。

映画が好きで週末に1本はみている

20代サラリーマンです。

「時間のある週末に映画を観てみたいけれど何をみて良いかわからない!!」

「周りがみていないような面白い青春映画も知りたい」

この記事では、そんな方に向けて青春映画を厳選して紹介していきます。

「青春映画は裏切りません(笑)」

本当に何度みても感動・爆笑しますし、時間をムダに感じることもありません。

ジャンル別におすすめ作品を紹介していくので、

気になったジャンルの所だけでも

ご覧ください!!

恋愛!感動!~泣ける作品たち~

青春=恋愛といっても

過言ではありませんね!!

「そんな青春は存在しない!」

「あー!恋愛したかったなあ!

(遠い目)」

と思う方もみてみると意外と面白いものですよ。

君の膵臓をたべたい(2017年公開)

☟青春ポイント☟

評価 :4/5。

☟感動ポイント☟

評価 :4.5/5。

おなじみの大人気作品です!

ネタバレをしたくないので深くは語りませんが、終盤に感動ポイントがたくさんあります!

この映画をみて翌日会社にいきたくなくなったほどに影響力はすごいです。

(頑張って出社しました)

元々が小説作品で人気になりすぎて実写映画になったとのことです。

2018年に公開された「アニメ映画」の方はみてませんが

個人的にはまずは実写作品の方をみていただきたいです。

磯吉
磯吉

こんな方におすすめ!

・泣ける恋愛作品を求めている方

アオハライド(2014年公開)

☟青春ポイント☟

評価 :5/5。

☟感動ポイント☟

評価 :3.5/5。

アオハルという言葉が流行った時期がありましたね。

もう7年前ですか・・・

一言で言うならば

「the 青春!!!」

圧倒的に女性に人気の作品だそうですが、男性でもハマると思います。

主人公の女子高生が幼馴染みの男子高生との再会を機に

上辺だけでない「本当の友達づくり」の大切さに気付かされます。

「友達ってよいなあ!!」

「青春だなあ!!」

と小学生並みの感想がでてきてしまいました(笑)

主人公の女子高生と幼馴染みの男子高生との不器用な恋愛模様?

を見守っているとみている人まで自然と青春を感じます。

磯吉
磯吉

こんな方におすすめ!

・ゴリゴリの青春作品がみたい方

・本田翼さんが好きな方

僕は明日、昨日のきみとデートする(2016年公開)

☟青春ポイント☟

評価 :3/5。

☟感動ポイント☟

評価 :5/5。

まじで泣きました。。

一緒にビデオで見ていた友人は号泣してました・・・

それも引くほどに・・・(笑)

途中から鳥肌がおさまらないし、

あと花粉症でなくてもティッシュは

買っておいた方が良いでしょう。

また「福士蒼汰さん」と「小松奈々さん」のキャスティングはズルい!

こんなの男性も女性もみるしかないですやん・・・

ストーリーとしても素晴らしいと思います。

(伏線が新海誠さん並みにすごかった)

主題歌のバックナンバーも

内容にマッチングしすぎてて

涙腺がおかしくなります。

こんなの男性も女性もみるしかないですやん・・・(2回目)

磯吉
磯吉

こんな方におすすめ!

・ありきたりな恋愛ストーリーに飽きた方

・思いっきり泣きたい方

時をかける少女(2006年公開)※アニメ映画

☟青春ポイント☟

評価 :4/5。

☟感動ポイント☟

評価 :3/5。

今回唯一のアニメ映画としての紹介です。

2006年に公開されてからもう15年ですか・・・

「あータイムリープしてぇ!!!!」

「ワンモア青春時代!!!」

もう何回も地上波で放送されているから見たことない方は

あまりいないかと思います。

みたことない方は必見です!!!

恋愛+タイミリープ+ドタバタ作品です。

現実の時間は巻き戻しできないからこそ

今を大事にしましょう。 By 磯吉

磯吉
磯吉

こんな人におすすめ!

・笑って泣ける青春作品を求めている方

1つのことに捧げる青春~スポーツ作品たち~

青春の2枚看板といえば

「恋愛」ともう1つ!

そう!「スポーツ」ですね!

主人公たちが部活に捧げる青春模様に心動かされること間違いありません。

ピンポン(2002年公開)

☟青春ポイント☟

評価 :3.5/5。

☟心動かされるポイント☟

評価 :4/5。

最初はおふざけ作品だと思ってました・・・

みてみると驚きました。

めっちゃ真剣に卓球しますやん!!!

幼少時代から卓球の才能に恵まれていた主人公が

高校に入って初めての挫折を味わいながらも

それに向き合っていく

その姿に心動かされること間違いありません。

それぞれの選手たちが心のうちに抱えているものがあり、

試合の中で心の対話が行われているような演出になっています。

思いのほか感動しました!

キャストも豪華で

「窪塚洋介さん」

「中村獅童さん」

「竹中直人さん」

などの個性豊かな演技にも

注目してほしいです。

この方々あってこそ

実写作品がより面白くなっている

といっても間違いではありません。

磯吉
磯吉

こんな方におすすめ!

・個性豊かなキャストに魅了されたい方

・最近ない感じのスポーツ作品がみたい方

おっぱいバレー(2009年公開)

☟青春ポイント☟

評価 :4/5。

☟(男子中学生)心動かされるポイント☟

評価 :5/5。

中学校の新任教師として

配属された主人公

その学校では『男子バレー部』の顧問として指導することになった。

やる気のない部員たちに真剣に取り組んでもらおうとして

とある約束をするのですが、それが大変な約束なんです。

『試合に勝ったらおっぱいをみせる』

とんでもない約束ですね(笑)

この約束をしてからめっちゃ頑張ります!!!(どんだけみたいねん!)

まあ男子中学生はエロ大魔神ですからね・・・

コメディ作品なので、頭をからっぽにしてみることができます。

バカバカしくもどこか懐かしい気持ちになる。

そんな作品です。

磯吉
磯吉

こんな人におすすめ!

・元男子中学生の方!(笑)

風が強く吹いている(2009年公開)

☟青春ポイント☟

評価 :5/5。

☟心動かされるポイント☟

評価 :5/5。

某アイドルグループに似たような名前の曲がありましたね(笑)

大学の駅伝サークルで「箱根駅伝」を目指す物語です。

主人公と先輩1人以外はすべて陸上経験ゼロ!

そんな10人が大学駅伝の憧れの地「箱根」を本気で目指して

練習して選考会にて激走する姿には胸が熱くなります!

終盤はガチ泣きしました・・・

男泣きしたい方には本当にオススメの作品です。

「スポーツの青春は中高の部活だけではありませんぞ!」

磯吉
磯吉

こんな人におすすめ!

・とにかく熱くなりたい方

・作品から勇気をもらいたい方

・駅伝に興味がある方!

なごむ~ゆるーい日常系作品たち~

忙しくない青春時代があってもよいのではないでしょうか?

とくに何も起きない青春模様を描いた作品たちを紹介します。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年公開)

☟青春ポイント☟

評価 :4/5。

☟なごみポイント☟

評価 :4/5。

時代は1970年代。

田舎の男子高校生たちと駐在警察官との間で

ひたすら「イタズラ対決」が行われてます。

何度見ても笑える「ほのぼの?系の日常映画」です。

日曜日の午後などにコーヒーでも飲みながら

ボーっとみることをオススメします!

磯吉
磯吉

こんな人におすすめ!

・コメディ作品が好きな方

・どこか懐かしい雰囲気を感じたい方

セトウツミ(2016年公開)

☟青春ポイント☟

評価 :5/5。

☟なごみポイント☟

評価 :5/5。

関西弁の男子高校生2人が河原のような場所で

ひたすらトークするというコメディ作品です。

この2人が「インテリクール系」と「お調子者系」という

水と油の組み合わせなのにかみ合っているところも面白いです。

短編オムニバスがまとまって

1時間程度におさまってますので

ちょっとした時間があればみれます。

9割以上が河原でのトークですが、全然退屈することはありません。

漫才をみている感覚で是非ご覧ください!!!

磯吉
磯吉

こんな方におすすめ!

・映画は見たいけど長いのはイヤ!

・集中しなくても楽しめる作品がみたい

・クスッと笑える作品を求めている方

その他~未分類の作品たち~

今回ジャンル分けは出来なかったのですが、いずれも面白い作品ですので

ぜひご覧ください!!

ぼくらの7日間戦争(1988年公開)

☟青春ポイント☟

評価 :3/5。

考えさせられるポイント

評価 :5/5。

今回唯一の80年代の作品紹介です。

暇なときに何となくみたら面白かったので。

教師や親からの理不尽なほどの管理教育に対して、

中学生たちが反抗して登校を拒否。

大人と子供の主張がバチバチにぶつかり合う様子を描いている作品です。

コメディ要素もありますが、日本の教育について考えさせられる作品だと

思いました。

内容には関係ないですが

この作品に出てくる「宮沢りえさん」が可愛いんだコレが!

当時子供だった世代が今は40-50代になっていると思います。

当時見た方もあらためてみてみると

また違う視点でみれそうですね。

磯吉
磯吉

こんな人におすすめ!

・子供がいる方

・当時みていた方

帝一の國(2017年公開)

☟青春ポイント☟

評価 :3/5。

☟独自性ポイント☟

評価 :5/5。

昭和時代。赤場帝一は「総理大臣になり自分の国を作る」という人生の目的と野望のため、全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生たちが通う、日本一の超名門海帝高校の生徒会長になることを決心した。政財界に強力なコネを持ち、海帝高校で生徒会長を務めた者には、将来の内閣入りが確約されているという。

帝一の國Wikipediaより引用

手抜きでごめんなさい。。。でも、、この説明が難しかったの(笑)

恋愛でも部活でもなく「生徒会」にフォーカスを当てた作品は

今までにないと思ったのでラインナップに加えました

校内での派閥争いを通じて、

主人公とその周りの人たちの感情のぶつかりなどが

浮き彫りになっていくので

そこに注目してみると面白いと思います。

主人公役の「菅田将暉さん」は言うまでもなく安定していましたが、

ライバル役の「野村周平さん」が良い味を出してます。

この2人って結構キャスティングされること多いんですよね。

それぞれの個性は出しながらも

どんな役にでもなれる素晴らしい方々だと思います。

磯吉
磯吉

こんな人におすすめ!

・今までにない新しい青春作品を求めている方

・感情のぶつかりに注目した作品が好きな方

最後に

いかがでしたか??

知っている作品も多かったかも知れませんが

みたことないものもあったのではないでしょうか??

週末は青春映画をみてリフレッシュしましょう!!!

ご拝読ありがとうございました。

それでは!   磯(-_-)zzz吉

コメント

タイトルとURLをコピーしました